2010年02月14日

『龍馬伝』第7回〜遥かなるヌーヨーカ

大河ドラマ『龍馬伝』
第七回〜遥かなるヌーヨーカ〜

今回の『龍馬伝』は
実にたくさんの愛あふれる放送でした。

江戸で剣術修行を終えて
土佐に戻ってきた龍馬。

そんな中で。。
あくまでも攘夷を貫き
先生と呼ばれるようになっていた武市サン

そして、
念願叶って、江戸行きが決まった弥太郎サン

三者三様の人生模様が描かれていて。


日本が大きく揺れる中で
変わりゆくもの、変わることのないもの。

そんな中で、本当に大切なものは何かを
みつけた龍馬。


そんな中での新しい出逢い。

川田小龍先生との出逢い
これからの龍馬にとって大きなものとなり。

その小龍先生を演じているのが
リリーフランキーさん

実にいい味、出してましたね!
画家という設定で、
リリーさんの持つ独特な空気感。
雰囲気は、そのまんま。(笑)

でも、やっぱり、絵を描く部分では
ましゃが魂ラジでも言ってたように
”おでんくん”とは違いましたね。(笑)

それと同時に
「BROS.会報」の漫画に描かれていた
あの笑撃なシーンが頭をよぎりながらも(笑)

その小龍先生と龍馬と龍馬の父の八平
三人で映し出された場面。

リリーさんと、ましゃと、児玉清サンの
スリーショット。


この時ばかりは、龍馬伝を離れて
なんか、感慨深いものがあったりして。


その八平が、修行を終えて
大きくなって帰ってきた龍馬を
目を細めてみつめる姿。
その愛。


そして、
土佐の海辺でシーンでは
もう...涙・涙。

黒船を作って、それから、
どうしたいのか?

という父からの問いに対して。。

黒船を作ったら、海に浮かべて
一家みんなを乗せる!
そして、世界を回る!


と、砂浜に世界地図を描いて
楽しそうに夢を語る龍馬の姿を見て
本当に嬉しそうな八平。
その涙がすべてを物語っていましたね。

そして。。
次々と映し出される坂本家の人々。

その、穏やかな表情を見て
これが、”しあわせ”というものなんだ...。
これが”家族”の在るべき姿なんだ。
...と。^^


そんな家族の愛に包まれて
これからも、さらに大きく
成長していくであろう龍馬の姿を...。

人の温かみが満ちている家だから
やさしい男になった。
けど、あれは太い、
大きな花を咲かせるであろう。。


と言った小龍先生の
人を見抜く、そのチカラ。

そして...。
最後に映し出された『龍』の絵を見て
鳥肌が立ちまくり。

これが、龍馬の姿であり
さらに、これから、龍馬が
どのように成長していくのか
楽しみになりました。


そして...。
この回では名前だけしか登場していなかった
ジョン万次郎という人物。

先日の新キャストの発表では
トータス松本さんが演じるということで

こちらのほうも、
武田鉄矢さんとのスリーショット!
楽しみです!!

で...。

”ジョン”という名前に
激しく反応していた龍馬ですが。。
実は、私も...。(笑)

”ジョン”て、ましゃが、こどもの頃。
飼っていたいた犬の名前では?
...と。(爆)

ま..これは、どうでもいいんですけど。(笑)

あと...。
今週の、夢なまこ的
『萌え黒ハートポイント』は...。(笑)


自分の部屋で父からの問いに対して
答えを出すべく、
目を閉じている龍馬サン。

その美しさに萌え〜黒ハート

そして、その目を開けて
少しうつむき加減の表情が
たまらなく好きだったりします。

今週も、サービスショット。
ありがとうございます!(笑)


あと、ひとつ。。
龍馬の部屋を見て....。

その散らかり具合から
こういうところは、ましゃとは違うのね...。
と。。

変なところで現実に戻ったりしてた
私がいました。(笑)


それにしても、来週は
もう、第8回目ですよ!!

ホント、あっという間。

この『龍馬伝』とともに
私の一年も、あっという間に
過ぎていきそうです。(爆)




posted by 夢なまこ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK_大河ドラマ龍馬伝 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック