2007年04月03日

「WBS」エンディングテーマ

昨日から「WBS」(ワールドビジネスサテライト)の
エンディングテーマとして「FREEDOM」が流れはじめましたね。


報道番組のエンディングテーマにふさわしく
重すぎず、軽すぎず。
とてもいい感じに仕上がっていましたね。

そこに、ましゃの歌声と
バックに映し出された夜景が重なって。

そして、昨日は、ましゃからのメッセージが
そこに映し出され。。


今だから唄える歌。

人生のちょうど中間地点の世代だからこそ
唄える歌を作りたい。

そして、自分よりも若い世代と上の世代をつなぐ
トランスレーターとなるべき存在で自分がいられたら。

そう考えるようになりました。

「FREEDOM」は、そんな気持ちで制作した
第一弾の楽曲といえるかもしれません。

この楽曲を「WBS」に提供できることを
今、光栄に思います。



映し出されたニューヨークの夜景と
ましゃのことば。
そして、ましゃの撮った、
あのニューヨークの写真を重ね合わせながら

この「FREEDOM」という曲の奥深さを感じ。。

そんな、ましゃの想いから生まれた曲を聴いて
たくさんの人が、そこから、それぞれが
何かを感じとってもらえたらいいな。。。

と、思いながら。。。


一方では。。
小田さんが、この「WBS」のエンディングテーマを
担当した時のことを思い出し。。。



2003年の4月。
「明日」という楽曲を提供。。

そして、一年後。
2004年の3月の番組の終わりに
ようやくフルコーラスで、この楽曲を聴くことができて。。

そこに映し出された映像は。。
イラクでの戦争の場面をはじめ
その一年に起こった衝撃的な映像が映り。。

そして、この曲のオファーが来た時に
今すぐにでもイラクが戦争に突入しそうな情勢で
そんな中で曲を作っていったら
ものすごいメッセージ色の強い曲になってしまったという。

今、この不安定の世の中で、
自分たちはいったい何ができるんだろう?

守るべきものは?
そして、それを守るためには。。
そして、明日は?

実に小田さんらしい言葉で
そして、小田さんらしいメロディーで
心にせまりくるものがあり。


涙に震えながら 戦うべき時があるんだ
守るべき人のために 
その哀しみを 乗り越えるために

明日 きっと また ここで
その笑顔に 逢いたいから。。




そんな思いを伝えるために
アジアツアーで英語でスピーチし
この曲を唄う小田さんの姿が映し出されて。。

この曲が終わったあと
あの、小谷キャスターも、しばし言葉を失ってしまったほどで。。


そのあと。。

ましゃのライブ。
「WE'RE BROS. FREEDOM TOUR 2005〜風〜」で
この「FREEDOM」を聴いた時。



そして、スクリーンに映し出された映像を見て
その時に、小田さんと共通する想いを感じたのです。


そして、今回。
その曲が「WBS」のエンディングテーマとして
こうして流れて。。

なんかね。。
私の中では、ものすごい繋がりを
そこに感じられずにはいられなかったのです。


そして。。
ましゃは、さらに。。

この「WBS」のエンディングテーマ曲は連作ということで。。

私の中では、もう既に、次回の楽曲が頭の中に
出来上がっちゃってるんですけど。。(爆)

もしかして、いつかは作りたい・・。
と言っていた、あの曲ですか?

今回のツアーパンフの中でも
グーフィさんが書かれていたもの。

その曲を聴くことができるのも
そう遠い日のことではないのかな。。

と、思いながら。。
しみじみと〜。。
感慨にふけってしまった夜でもありました。



ひらめき-PS-
小田さんの「明日」という曲は
オリジナルアルバム「そうかな」の中に収録されています。
コチラ↓で試聴できますので、よかったら聴いてみてくださいね。
http://www.bmgjapan.com/oda/item.php?id=186&item=6360

あ・・このアルバム。
全曲、タイアップなんですよね。。
これも、ましゃと似ていませんか?(笑)



posted by 夢なまこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 福山雅治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック