2007年04月29日

4月28日(土)夢なまこ的「魂ラジ日記」

今日の魂ラジ。
昨日の「Mステ」出演に対しての
感想とツッコミからはじまり。。

テレビの世界になじんでしまって寂しいというメール。
そして、歌詞を間違えてたことを指摘され。

冗談じゃない!

テレビには台本があって、それも台本どおり?
歌詞を間違えたのは、ジャズでいうと即興演奏?

と、さまざま、言い訳をしていましたが。。

テレビもライブも生モノ。
いったい何が起こるかわからない。

その
ライブでの感想。
素朴な質問。
感動したことなど。


mail toたくさんのリスナーからメールが届き。。

その中でも、今回のライブでの
オープニングのあのメロディーについて。
私もすごく気になっていて。

今回のツアーのテーマである「東京にもあったんだ」の前の
導入部分と同じメロディーが流れていて。。
そのことについて答えてくれたましゃ!!!!!!

あれは長崎に昔から伝わる
「でんでらりゅうのうた」という唄を
アレンジして加えられた「overture(序曲)」であり



それをオープニングと「東京にもあったんだ」の前に
もってきたことによって
今回のツアーへの想いを伝えたかったんですね。

「すべての故郷をもつ人へ」
という、ましゃのことば。

思い出しては、また、泣きそうになっちゃいました。


そして、
このツアーで、ましゃが思い出に残ったこととして
語ってくれたことば
に、またまた、泣きそうになり。。


ライブっていうのは
終わった瞬間というのは
達成感というよりも、一抹の淋しさが必ずある。

花火が終わったあとみたいな。
花火というのはやっている最中には
賑やかではあるけれど
終わったあとというのは
あぁ・・終わっちゃったんだぁ〜。。
みたいな。
そういう気持ちに近い。

あれは本当だったのかな。。
っていう。

その瞬間は、すごく実感があるんだけれど
唯一、ファンの人と触れ合える場所であるから
やっているという実感はあるんだけれど。。

あの時というのは無形のもので。
あの興奮や歓声とか熱狂とかいうのは
体や脳裏に記憶されるけど

あれは本当にその場、
その会場にいなければ感じられないもので。

他のアーティストのライブとかに行った時の
オープニングの、あの歓声を聴くと
なぜか、ジーンときて涙が出そうになる。
熱いものがこみあげてくる。

これはいったい何なんだろうな〜と考えた時に
それはそこに感情のすべての要素が
入っているんだと思う。

歓びと、せつなさ。

そして。。
ずっと逢いたくて。。
やっと逢えたという。。

そこには
歓びと、せつなさというのが一緒にあって。

その自分ではコントロールできない感情。
全くピュアな感情から発せられることだから
人の心を揺さぶるんだろうなと思う。

それが、全然、興味がないな。。と思っていた
アーティストのライブに行った時でも
その会場の、その瞬間の空気感というものに
心が打たれるんだと思う。

それを本当にピュアな心の声が
その瞬間、充満するからなんだと思う。

もらい泣きに近い、
そういう純度の高い瞬間。

あれがやっぱり
ライブというものの醍醐味であり
ライブというものの真の姿なんだと思う。


と、ましゃ。

そして、荘ちゃんも今回のライブに入って
1曲目の「虹」を聴いた時に。。
毎週、会っている人なのに、なんでこんなに
涙が出てきそうになるんだろう。

って思ったらしく。

それに対して。。

いや、それはオレに対してではなく
ライブに来てくれている人たちの
純粋な感情というものが、一瞬、その瞬間が
場の空気を支配するからだと思う。


という、ましゃのことばを聴いて。。

その時、その瞬間を
ましゃとみんなとともに感じられたことを
しあわせだと思い。

想いは繋がっているんだなぁ〜。
と思いました。


今日の「魂リク」は「東京にもあったんだ」。


アンプラグド。
アコギとブルースハープで奏でる
「東京にもあったんだ」。

やっぱり、涙がこぼれてしまいました。

ましゃのライブに久々に参加して
それまでの自分の生きてきた日々を思い出しながら
そんな日々の中で、ましゃから得るものがたくさんあり。
そして、自分は?というと、果たして
日々、人間として成長できているのかと考えた時。。
ライブで「東京にもあったんだ」を聴いた時。
東京に住んでいる人だけではなく
自分にも当てはまるんだということに気付き
いつか、自分も、ましゃのように
人に何かを与えられるように。
今度、ましゃに会った時。
成長している自分でいられるように。。
ということでリクエスト。

このメールを受けて。。

ボクも同じですよ。
自分で本当に何をしているのかな〜って思う。
自分でも進んでいるのかどうかわからないけど
でも、すごく変わってなくても
すごく、進んでなかったとしても
1ミリでも進んでいればいいかな
と思うようにしている。
一日一歩。。。という歩幅でなくても
一日1ミリでもいいからと思って
進んでいけたら思います。


とコメント。


とても、やさしくて、それでいて力強いましゃのことば。
そのことばに、ぽーんと背中を押されて。。
これからも、また、頑張れるかな。
と思った私がいて。。

そして、ましゃの歌声。
とても、あたたかいんだけど力強い歌声に
勇気をもらいました。


今日の魂ラジ。
私的には、変な汗が出ちゃうくらい
ものすご〜く繋がってるなぁ〜って感じて。

なんで、まだ、アップしていないライブレポの
私の思ったこと、感じたことをわかっちゃうの?

もしかしてPCの中、見ました?(笑)
っていうくらい想いが重なってる部分があって。。
ヤバかった。(爆)

そんな、ましゃとみんなと繋がっている想い。
ライブレポ。

もう少し、時間がかかるかと思いますが
あの日、あの時、あの場所で。

感じたこと、思ったことを
今回も私らしく伝えられたらと思っています。^^

今回も長いです。(笑)


と、いうことで。。

それでは。。
今日はこのへんで。


posted by 夢なまこ at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 福山雅治の魂のラジオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夢なまこさん。 すっかりご無沙汰してしまいました。
私にとって初となった、生身のましゃの衝撃が大きすぎて、書きたい想いは溢れるほどたくさんあるのに、
なんにも書けない、なんにも語れない日々が、まだ続いています。
ましゃ友さんのブログに遊びに行って、コメントはできるのに、
いざ自分のトコで書こうとするとダメですねぇ・・・

昨日の魂ラジで、ツアーのことをじっくりと語ってくれたましゃに、
すごく嬉しくなったのと同時に、終わってしまったという切なさがまたこみ上げてきて。
夢なまこさんが一言一言、ましゃの言葉を書いてくださってるのを拝見してまた思い出して。
あのオープニングの音のこともそうだし、♪虹 の最初のドラムの音も、
ましゃの言葉で、一瞬にしてあのときが蘇ってきて、
ラジオ聴きながら涙がこぼれました。
ましゃがまた遠くに行ってしまった気がして。。。
そんなコトないのにね。
ライブ・ア・バージンは後がタイヘンです(苦笑)

夢なまこさんのライブレポ、これまでにもう何度も拝見して、
あのレポを読んで、あたしも絶対にライブに行きたい!って思いましたから。
今回のも、実は相当楽しみにしてたりします^^
長いの大好きですからっ! でも泣いてしまうんやろうな〜今回は特に。

久しぶりにコメントさせていただいたら、こんなに長くなってしまいました。
ごめんなさい。
Posted by みほこ at 2007年04月29日 23:20
>みほこさん、こんにちは。
レスが遅くなってすみませ〜ん。
今、ようやく「17年モノ」のライブレポート書き上げました。
私もレポを書きながら何度、うるうるしたことか。。
書いているうちに、あんなこと、こんなことまで思い出されて。。
やっぱり長くなっちゃいましたが、あれが、今の私の思いです。

今日はGWも後半ということですが、お時間のある時にでも
ゆっくりと見てくださいね。
私もこれから、ようやく、ゆっくりと休めそうです。(爆)
Posted by 夢なまこ at 2007年05月05日 14:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック